FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-05-01 21:13 | カテゴリ:経験
今日は、スーパーで熟しすぎたトマトを購入しました。
以前ならできるだけ長持ちさせたい、得をしたいと思って、昨日が食べ頃みたいな商品は買いませんでした。

しかし!
保江邦夫博士の「活人術」の教えの中に「損なクジを引く」というのがあります。

人を見たら神様と思え: ―「キリスト活人術」の教え―
人を見たら神様と思え: ―「キリスト活人術」の教え―保江 邦夫

風雲舎 2015-06-15
売り上げランキング : 8513


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト
2016-03-26 16:48 | カテゴリ:経験
自分に自信がないのにチームリーダーになってしまい、苦悩の年月だった20歳代の頃。
わたしより有能な後輩Uさんが派閥を作って、わたしには協力しない、というあからさまな態度をとっていました。
その日もまだ仕事が残っているのに、Uさんは後輩を従えて「私たちは帰ろ~♪」としていました。

過去記事リーダーシップって?②
2016-02-20 10:25 | カテゴリ:経験
自分に自信が無いのにチームリーダーになってしまって、さぁ大変。苦悩の日々が始まりました。
過去記事 リーダーシップって?

チーム内の後輩の一人は明らかにわたしよりも有能だったのです。理解力、作業の速さ、仲間づくりにおいて。
彼女、Uさんが他の後輩達を上手くまとめていたのが、わたしにとって目障りだったのですね~(笑)
2016-02-17 23:58 | カテゴリ:経験
20代の前半は人間性を磨くとか全く思いもよらないことでした。

その頃わたしが務めていた会社では、女性は結婚と同時に退職を選ぶのが普通でした。
先輩が一人辞めては新人が一人入る、ということの繰り返し。
そうしてわたしが一番年上になった時、必然的に主任の役に就きました。
それまで人を指導したことは無かったし、自分の能力に自信がなかったのに。

リーダーがこんなではチームは上手くいきません。
2016-01-12 07:53 | カテゴリ:経験
初日③

「生きる」ということの続き

自動車学校で学んでいる時から、路上へ出たくてたまらなかった。
学科と実技を数時間学んで免許証をもらい、路上へ出た。

それが「地球に生まれた」ということ。

期待と不安。
今まで見たことのない世界。体験したことのない世界。どんなに美しいのだろう。どんな出会いがあるだろう。何が待ってるのだろう。
免許取り立ての頃の気持ちを思い出した。

そうしたら…。

全ての人は皆素晴らしいのだ!と分かった。

だって、地球がどんなところかも分からないのに、生まれることを決めて来たのだから。
それだけで勇気ある魂なんだなぁ。

慣れないうちは流れに乗ることや、合流するのが難しかったり、ウインカーを出すタイミングが噛み合わなかったりする。
そういう、教則本に書いていないことは、誰も教えてくれない。
路上に出てからマスターしないといけない。

「生きる」ということも同じ。教則本に書いてないことを自分自身でやっていく。

生れてくると決めたその勇気だけで、すでに素晴らしい!

究極の理解…。そういうことが出来る人たちがどんどん増えています。

そうして究極の理解をしてもらった人はやがて…。

自己を理解し始め、他の人の力になるのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。