-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-02-28 21:24 | カテゴリ:コミュニケーション
今日は春めいた陽気で、外が気持ち良かった~

そして。

カフェでラテアートを飲みながら、恋の悩みを聴きました。

表現されていない深い部分を表面に出してもらう感じで聴く。

自分の中の答えを探してもらう感じで聴く。

どうすればいいかわからない、と言っていても自分で答えを見つけられる。

自分で答えを見つけた人は先ほどまでとは全然違って明るい表情になっている。

聴くって素敵だわ~。

スポンサーサイト
2015-02-27 07:00 | カテゴリ:経験
何故願いが叶わないのか。と苛立っても答えはやって来ないでしょう。
苛立ちがあるなら表出させることは必要です。
聴くスキルを持った人に話すか、自分でやるなら紙に書く。

答えを得られるか得られないかの違いは、問いの立て方にあります。

「何故願いが叶わないのか」ではなく「この状況で自分が知る必要のあることは何か」と尋ねるのです。

答えは色々な手段でやって来ます。偶然目にする広告やTVの中で、あるいは誰かがわざわざ話しに来ることもあるし、放送されることもあるし、体験させられることもあります。ひらめくこともあります。

いずれにせよ、絶妙なタイミングでやって来ます。
答えを受けとったら感謝を忘れずに。
誰かは分からなくても構わないです。

忍耐を持って練習してみて下さいね。

2015-02-27 03:46 | カテゴリ:多次元的な話
どんな願いよりも先だって求める必要のあるものは、識別力、洞察力、理解力だと書きました。
過去記事は情報をフィルターにかける

ルドルフ・シュタイナーの著書では次のように表現されています。
2015-02-20 04:38 | カテゴリ:多次元的な話
あなたの願いは何ですか?

○○が欲しい。○○になりたい…。

願うとそれに見合う情報が気になったり、誘惑もやって来ます。

どんな願いよりも先だって求める必要があるのは次のものです。

識別力、洞察力、理解力。

これらはあなたのフィルターとなってくれます。

情報は様々な源からやって来ます。明るいところから、暗いところから。欺くために親切を装って誘惑が来ます。

大切な情報がやって来ていても見逃します。

情報や誘惑を一つ一つ試していたら、身体を壊すことさえあります。

直感でコレだ!と分かるように。何故か知らないけど分かる!ように、フィルターを作りましょう。
2015-02-17 22:59 | カテゴリ:コミュニケーション
苦手な人ってどんな人ですか?

批判的な人?ずうずうしい人?鈍感な人?人を見下す人?
それとも自分の欲しかったものを全て持っている人とか?

上手くいっていない関係があると「何で○○さんてあんなことできるんだろう?」と思ったり、イライラしたり、囚われがちですね。

こういう時に正しい問いの立て方があります!

正しく問いを立てることができたら答えがやってきます。練習は必要ですけどね。

苦手な人との関係を思い浮かべて、こう質問してみましょう。

「この人との関係でわたしが学ぶ必要のあることは何ですか?」
2015-02-15 15:15 | カテゴリ:経験
質問の答えを受けとっても気づかない原因の一つは、望んだ答えが返ってこない時、無視することです。

例えば「素敵な彼氏が出来ますか?」とわたしに相談したとします。

本人が望む状況を体験する前に色々なブロックがあって、それらを乗り越える必要があると伝えます。

他に「これから望む状況になるために色々なお知らせを目にしたり、気づくような体験をします」と言います。

それは事実なんです。

その直後、実際に「掃除をしましょう」とかのお知らせを目にするわけです。何故か知らないけどそういうことに成ります。

ですがそれを信じて実行できなければ、次のお知らせは来ないというわけです。

信じて実行すれば望む方へ導かれます。
2015-02-15 13:32 | カテゴリ:経験
ある聖者と言われる人の教えに出会った時のこと、大きな力があるのは分かった、でもキケンはないのかと疑いました。

信頼しても大丈夫なのか、誰に対してということもなく、問いを投げかけて眠りました。

2015-02-13 04:05 | カテゴリ:経験
質問をしたら答えがやってきます。
誰でも使うことのできるツールです。

太陽の恵みが万人に与えられているのと同じくらいに、誰でも使えます。ただし、使いこなすにはコツを掴む必要があります。

このような情報は本で読んだわけでもなく、お金を払って習ったわけでもありません。太陽の恵みのように与えられました。

それならわたしがすべきことは、与えられたのと同じように与えること、他の人にシェアすることなのですね。
2015-02-10 20:55 | カテゴリ:未分類
「たけしのTVタックル」に女装する東大教授(安富歩教授)が出演され、自らをトランスジェンダーのレズビアンと仰っていました。
そのことに気づいたのは最近なのだそうで、現在の年齢は50歳代でしょうか。
2015-02-08 15:59 | カテゴリ:多次元的な話
釣りが得意なT君の話

釣りが得意なT君は20歳代前半には専門誌に記事を書いていました。
(読者の投稿ではなく、アドバイス)

人と違う結果を出せる人に興味津々なので、わたしはT君に質問しまくるのです。

「T君が目を付けるのはどこか?他の人と違うところはどこだと思うか?」

T君曰く、「鯛を釣りたい時、どこに鯛がいるだろうかと海を探すのが普通だが、僕は海の中より先ず全体を考える。生態系を考える」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。