-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-01-30 13:27 | カテゴリ:思考を観察する
波うち際


わたしの考えを言葉にする時。
他の人の考えと比べて、だから相手が違うと考えるのは、心の矢印が他の人に向いている状態。
その状態で言葉に出すと争いが起きる。
スポンサーサイト
2016-01-12 07:53 | カテゴリ:経験
初日③

「生きる」ということの続き

自動車学校で学んでいる時から、路上へ出たくてたまらなかった。
学科と実技を数時間学んで免許証をもらい、路上へ出た。

それが「地球に生まれた」ということ。

期待と不安。
今まで見たことのない世界。体験したことのない世界。どんなに美しいのだろう。どんな出会いがあるだろう。何が待ってるのだろう。
免許取り立ての頃の気持ちを思い出した。

そうしたら…。

全ての人は皆素晴らしいのだ!と分かった。

だって、地球がどんなところかも分からないのに、生まれることを決めて来たのだから。
それだけで勇気ある魂なんだなぁ。

慣れないうちは流れに乗ることや、合流するのが難しかったり、ウインカーを出すタイミングが噛み合わなかったりする。
そういう、教則本に書いていないことは、誰も教えてくれない。
路上に出てからマスターしないといけない。

「生きる」ということも同じ。教則本に書いてないことを自分自身でやっていく。

生れてくると決めたその勇気だけで、すでに素晴らしい!

究極の理解…。そういうことが出来る人たちがどんどん増えています。

そうして究極の理解をしてもらった人はやがて…。

自己を理解し始め、他の人の力になるのです。
2016-01-09 07:29 | カテゴリ:経験
夕日
「生きる」ということは、車を運転して行きたい所へ行って楽しむ、ことに似てる。
車を点検、整備して、交通ルールを守る。
行き先は自由に決めていい。

「車」が「わたし」

「点検」が「自問自答」「思考観察」「自分の内側へ深く潜る」

「整備」が「自分の内側を整える」「自分の外側を整える」「身体の保守」

「ハンドル」が「意識の向け先」

「アクセルとブレーキ」が「思考、感情、言葉、行動の制御」

自動車学校で学科と技術を学んでる時から、路上へ出たくてたまらなかった。

仮免もらい、本免もらい、いざ路上へヽ(^o^)丿

「路上」がつまり、「地球へ生まれた」ということ。「生きる」ということ。

わたしを点検、整備しながら行きたいところへ行くようにしていたら。
思いがけない素晴らしい世界に行きついた。

今までに関わったすべてのみんなに感謝しかありません

そしてこれからも、今までと同じように生きます。
【ジャンル】:心と身体 【テーマ】:生きること
コメント(0) | トラックバック(0)
2016-01-07 07:44 | カテゴリ:コミュニケーション
夕焼け 雲
実は…。
「おしゃべりをしてストレス発散」の場が苦手でした。
女子会、忘年会など…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。