-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-08-14 07:44 | カテゴリ:コミュニケーション
言語化すること、説明すること。
この二つを使い分けることに大きな違いがあるのです。
二つの違いに気づいて分けて使うと整理され、構造化され、統合されてゆきます。

言語化って何か❓
自分の内面を外に出す、というプロセスです。
方法は思考の全てを紙に書き出します。

この時のポイントは、誰に見せるものでもないということ。
自分の中にある思考と感情を全て外に出す、のですね。
だから、毒を吐くことは当然あります。

次のポイントです。
思考や感情は絶え間なく流れています。
感情だけでなく、出来事を思い出したり、疑問が浮かんだり。
それらを全て紙の上に書き出します。

言語化するのは、自分の中を整理するためです。
自分の中の頭の整理と感情の整理が進みます。

スッキリする感覚を掴むことができたら、趣味のように続けると、構造化が進みます。
言語化で整理されるというのは、1つ1つの要素に分解されて、カテゴリーごとに分類された状態になるのですね。
(自分の中で❗🎶)

これは自分の感情、これは相手の感情に共鳴して起きている感情。
これは、昨日○○さんから褒められて有頂天な感情、など…。

言語化を趣味のように続けると、頭の中でカテゴリー分けが進み、構造化が進むのですね。
構造化された状態のことを、視点が増えるというのです。

知識にせよ、思ったことにせよ、他の人に伝える時に自分の中で構造化した上だと、伝わり易いです。

思ったこと、感じたことを何でもかんでも口に出すと、弊害があります。
微妙な違いを言語化する訓練を積み重ね、構造を把握しつつ説明することが、相手軸で話すということですね。

まとめ
言語化は自分の中から外に出す作業。自分の中の構造化が進んでから話すと伝わり易い。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。