FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-06-27 08:29 | カテゴリ:ACIM (奇跡の道)
ACIM(ア・コ-ス・イン・ミラクルズ)の自学自習は順調です。

他の人を責めたくなる時ってあります。

「ここまでやったのにスルーはないだろう」
「(相手は)他人を認めることができない人だ」
「いつか(相手に)天罰が下るに違いない」

相手には相手の事情や感じ方があってのことだと、自分を納得させようとしても難しい時があります。

無理に自分を納得させようとすると、自分の正直な感情に蓋をしてしまうのです。
あるのに見ないフリをする、潜在意識の領域に仕舞い込むということ。
先送りにした問題はいずれまた、同じ感情となって噴出します。
手離すことができるまで、何度でも…。

毎日ACIMを自分に染み込ませるような感じで読んでいます。
そしてちょっとしたモヤモヤを感じた時にもACIMを適用するようにしています。

人間の頭で考えて解決しようとする力量を遥かに凌ぐ何かの力。
わたしに染み込み、一体となり、先ほどまでの感情は溶けて流れ去る。
努力したという感覚も無く、消え去る。

「相手がどうであれ、わたしにできることは、わたしがどう在るかということだけ。」
意識の向け先がハッキリする。
そして意識の向け先に集中できる。
努力するという感覚もなく、そうなる。
これが聖霊によるものなのでしょうか。

【学習書 第四十三課】

神は自分の御源。神から離れて見ることはできない。
自分は許しの目でみる。
自分にはこの世界が祝福されているとわかる。
この世界が自分自身を見せてくれる。
自分には自分の思いがわかる、それは神の思いに似ている。
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://6h2mc5.blog.fc2.com/tb.php/124-3dcb3eee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。