FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-07-22 22:59 | カテゴリ:集中リラックスゾーン
ダスカロスは1900年代半ばのヒーラー、セラピストでホワイト・ブラザーフッドに属しているという。
彼の人生の一番の関心事は回りの人々の痛みを和らげることで、奇跡的な治療を行いながら治療費を絶対に受け取らなかった。
話し好きでユーモアたっぷりな人柄、それで人間が創り出すエレメンタル(思考・想念が形をとったもの)の仕組みや物質化について論理的に答えてくれていたという。

本書で紹介されているダスカロスの「集中リラクゼーションテクニック」をやってみたら素晴らしかった。

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道キリアコス・C. マルキデス 鈴木 真佐子

太陽出版 1999-04-18
売り上げランキング : 91462


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


三色の光を使って三つのチャクラを活性化していくのだが、その名前の通り集中とリラックスを同時に行う。

これをやってみた次の日はいつも以上に仕事がはかどる。

過去に見た情報を一つの点とする、別の時に聞いた情報を点とする、複数の別々の点が一瞬で繋がって理解できる、処理できるという感覚。しかも努力するという感じが全くなく、必要なことを思い出すというより、必要な時に必要な情報がとび込んでくるような感覚。

集中とリラックスを並行して行うと、大量の情報処理を早く、楽にできるんだなぁと思った。

ところで、アスリートがリラックスしていて最高に集中している時最高のパフォーマンスができる「ゾーン」という体験がある。
ゾーンについて分かりやすいサイト

それらの体験談を見ていると、わたしがコミュニケーションに集中している時にしばしば体験する感覚と同じだと気づいた。

過去記事 コミュニケーション中のゾーン体験

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://6h2mc5.blog.fc2.com/tb.php/126-c7d797f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。