FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-08-16 11:31 | カテゴリ:コミュニケーション
「説得力」(ロバート・コンクリン著)からの引用です。
過去記事 「説得力」-敵を味方にする法-

“他人の考え方をあなたの考え方に変えたいなら、まずあなたが彼の立っている場所に出かけて行って同じ場所に立ち、彼の手をとり足をとって(むろん精神的に、である)、彼を導くことが必要である。

部屋の端と端にいて大声で物を言ったり、馬鹿者呼ばわりしたり、あなたのところまで歩き寄って来いなどと命令したりしてはならない。

まずは相手の立っている立場から歩み始め、仕事を始めるのだ。
相手を動かすことのできる方法はこれ以外にない”

子育てや仕事で人を導く時には基本だと思います。
(あなたの考え方に変えたい、というのはこの本の構成上、その表現になっていますが、全編を通して流れているのは自分をどう整えるかということです)

しかし、相手が「購入したい」とか「知りたい」とか「勉強したい」とか思っていない時は「余計なお世話」なのです。
ましてや、尊敬していない人に教えられるのは「あなたに言われたくない」のです。

自分のしてきたことを振り返ってみると、わたしは分かってやっているなどと思っていたけど、実は相手を理解していないことを思い知らされたりします。

わたしに相談してきた人とか、わたしの言った言葉を気に留めた人がいるとしたら、その人は大人物だよなぁ…。
むしろわたしの方が尊敬するなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://6h2mc5.blog.fc2.com/tb.php/142-32800c92
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。